INTERVIEW

社員インタビュー

販売

吉澤 華奈

kana yoshizawa

2014年新卒入社
販売部 サブチーフ

写真:吉澤 華奈

販売

吉澤 華奈

kana yoshizawa

2014年新卒入社
販売部 サブチーフ

PROFILE

美容業界に興味があり、化粧品会社を中心に就活を実施。コンフォートジャパンの会社説明会で「人の外見だけでなく心も美しくしていきたい」という社長の思いに共感したことや、店舗見学時にお客様との会話を自然に楽しむスタッフの姿を目にしたことから、「私もここで働きたい」と強く思うように。入社後は『コンフォートゾーン 新丸ビル店』に配属となり、現在は店長として店舗運営を行なっている。

work

商品知識からトリートメント技術までを備える、
美のスペシャリスト。

当社の販売職は、『コンフォートゾーン・コーディネーター(CC)』と呼ばれています。その名が表すように、私たちの仕事は単に商品を販売するのではなく、専門知識と技術をもとにお客様の美をコーディネートしていくこと。私が勤務する直営店『コンフォートゾーン 新丸ビル店』は、フェイス・ボディ・ヘアケア商品をほぼ全種類取りそろえており、店内奥にはトリートメントルームも併設しています。お客様の悩みをお聞きし、最適な商品をご提案したり、トリートメントやマッサージの施術を行なったりしながら、お一人おひとりの美をトータルにサポートしています。

美容に関する知識や技術は、すべて入社後に教わりました。まずは2週間の本社研修で、商品知識とチェアでのクイックトリートメントの技術を習得。現場配属後は店頭で接客をしながら、肩や足のマッサージを行なうチェア施術を少しずつ担当していきました。5~6月にはベッドでの本格トリートメントの施術研修が始まり、9月頃から実際の施術を担当するように。こうして振り返ると大変な成長スピードですね(笑)。でも、先輩の仕事ぶりを盗み見ながら場数を踏んでいくうちに、1年目の冬頃には一通りのことが無理なくできるまでになりました。

challenge

お客様と真摯に向き合った分だけ、ファンが増えていく。

まだ日本では浸透していないブランドのため、受け身の姿勢ではお客様は増えません。でも商品や施術を一度気に入っていただければ、長くリピートしてくださる方の多いブランドでもあります。

まだベッド施術の研修を受けていた頃、店頭で40代のキャリアウーマンの方にお声がけしたことがありました。体の凝りに悩まれていたのでチェアでのクイックトリートメントをして差し上げたところ、とても満足してくださり、私のベッド施術デビューに合わせて予約を入れてくださって。何度かご来店いただくうちに体の調子がよくなったようで、「吉澤さんと出会えて本当によかった」と言ってくださったんです。

お一人おひとりに合った提案をしっかりと行ない、それを積み重ねていくことで、ブランドや自分自身のファンになってくださるお客様がいる。その事実を実感して感激してしまいました。単に商品を売るだけの仕事をしていたり、何もしなくても売れていく知名度の高い商品を扱っていたりしていたら、この感激は体験できなかったと思います。そのお客様は現在も月1回のペースで来店してくださっています。

写真:吉澤 華奈

vision

施術スキルを極めて、ゆくゆくはトレーナーへ。

1年目の頃は自分の仕事で精一杯でしたが、徐々に店舗全体にも目を向けられるようになってきました。最近はよりよいチームワークのあり方についてよく考えています。たとえば、自分が施術を担当したお客様のお見送りはつい自分でしたくなりますが、次の施術が控えている場合は、ほかのスタッフを信頼して任せたほうが店舗としては効率的です。自分の思いだけを優先するのではなく、店舗全体の利益を考え、必要なときはスタッフ同士で素直に頼り合う。いま目指しているのはそんな店舗運営です。

私は業務の中で施術が一番好きです。施術のスキルを極めて、ゆくゆくはスタッフに技術指導をするトレーナーになりたいと思っています。社長に将来のビジョンを聞かれたときにも、しっかり伝えておきました(笑)。前任の店長が入社4年目でトレーニング部へ異動しているなど、キャリアチェンジの実例もあるので、まずは現在の仕事で成果をあげながらトレーナーとしての素質を身につけていきたいと思います。

応募する