DISCUSSION

社員座談会

先輩たちへ3つの
QQuestions!

今回テーマに選んだのは、
「コンフォートジャパンに入社した理由」「入社後の印象」「社内の人間関係」の3つ。
選考や入社の前に知っておきたい(けれど聞きにくい?)“気になる情報”を、
活躍中の先輩4人に自由に語ってもらいました。

写真:鍵山 紗恵子

トレーナー

鍵山 紗恵子

saeko kagiyama

2013年中途入社
イタリアのホテル内スパに勤めていた元セラピスト

写真:小林 達也

davines 営業

小林 達也

tatsuya kobayashi

2014年新卒入社
入社2年目で海外研修参加者に選ばれた若手営業

写真:伊東 真吾

davines 営業

伊東 真吾

shingo ito

2010年新卒入社
外語大でイタリア文学を専攻していた新卒1期生

写真:塩見 かおり

インストラクター

塩見 かおり

kaori shiomi

2015年中途入社
美容が大好きな元オールハンドマッサージ講師

Q1なぜコンフォートジャパンに入社したの?

写真:座談会の様子

鍵山鍵山

そういえば、お互いにこういう話ってしたことないよね(笑)。

その他その他

確かに(笑)。

鍵山鍵山

私はイタリアのホテルのスパで3年半くらい働いていたんだけど、そこで『comfort zone』の商品を取り扱っていて。世界観を大事にしているブランドだったし、使い心地や香りもよかったから、印象に残っていたんだよね。そこからコンフォートジャパンを知って、帰国してから会社に直接連絡。
求人は出ていなかったけど採用してもらいました(笑)。

塩見塩見

すごい熱意! 私は正直ブランドのことは知らなかったです…(笑)。
前職がオールハンドマッサージの講師だったので、経験を活かしてさらに美容を追求したいと思っていたときに、偶然求人を見つけて。入社前にこっそり直営店でトリートメントを受けてみたんですが、スタッフが綺麗で対応もよくてファンになりました。

鍵山鍵山

扱っている商品やサービスを入社前に知っておくのって大事だよね。新卒入社のメンズ二人はどんな感じ?

小林小林

僕は営業をやりたいと思って就活していたんですけど、たまたまコンフォートジャパンの営業と知り合いの友達がいて。「まだ2年目なのに高額の売上をあげて、社長賞を獲った」っていう活躍話を聞いて、この会社なら若いうちからバリバリ仕事ができそうだと思ったのがきっかけです。

伊東伊東

その営業って誰だったの?

小林小林

斎藤さんです。
※社員インタビューにも登場している美容機器の営業。

その他その他

あ~~~なるほど~~~(納得)!

伊東伊東

僕も、早くからいろんな経験ができそうなベンチャー企業に行きたいと思っていたんだよね。外語大でイタリア文学を専攻していたから、イタリア関係の仕事に就けたら最高だなぁと思っていて。

塩見塩見

化粧品の会社を選んだ男性ってまわりにいました?

伊東伊東

僕の友達は航空やホテル関係が多かったかなぁ。でも最近はメンズ化粧品の市場も伸びているし、自分自身スキンケア商品とかは使っていたから、興味はありましたよ。

Q2入社してみて、ぶっちゃけどうだった?

写真:座談会の様子

塩見塩見

さっき伊東さんと小林さんが「早くからバリバリ働けそうだと思った」って言っていましたが、入社してみたら想像以上でした!私は最初教育部に配属になって、美容機器を導入していただいたサロンの指導を担当していたんですが、入社1ヶ月後くらいにはもう一人でお客様先に行っていましたね。

伊東伊東

僕も1年目からかなり鍛えられました(笑)。「新人が担当していいの!?」って思うような、有名企業の役職者の方と商談させていただいたりね。代表がよく「1年で3年分の成長ができる」と言っているけど、まさにそのとおり。

小林小林

でも、社風は思ったよりずっと落ち着いていると感じました。ベンチャーって、体育会系で実力主義でピリピリしているイメージがあったけど、全然そんなことはなかった。まわりを気遣えるタイプの人が多いからですかね?

鍵山鍵山

確かにそうだね。私は逆に、もっとイタリアっぽい自由な風土だと思っていたかな。お客様にご満足いただけるなら、やり方はスタッフ一人ひとりの裁量に委ねる…みたいな。
もちろんそういう部分もあるんだけど、CC研修(※)ではまず一律の手技を教えることにこだわったり、一定のサービスレベルを維持しようとする実直な考え方が日本の会社っぽいと感じたな。
※コンフォートゾーン・コーディネーター(販売職)研修

塩見塩見

海外で働いていた鍵山さんならではの視点ですね~!

Q3社内の人間関係はどんな感じ?

写真:座談会の様子

伊東伊東

まだコンパクトな組織だから、お互いの距離は近いよね。毎月ある全体会議でも、事業部ごとに状況報告をしたり、意見交換をしたり、社内の動きは把握しやすい環境だと思う。

小林小林

そうですね。新入生歓迎会とか1泊2日の忘年会とか、親睦を深められる社内イベントもけっこうありますし。同年代の社員が多いからこそのフラットな雰囲気はありますよね。入社当時からの先輩の伊東さんとは、たまにご飯に行ったりもします。

塩見塩見

へぇ~! 二人でどんな話をするんですか?

伊東伊東

プライベートな相談とかもしてくるよな? たとえば……

小林小林

あ~~~言わないでください!!(汗)

その他その他

(笑)

塩見塩見

私も鍵山さんには入社当時からお世話になっていて、よくメールのやり取りをさせてもらっています。お互い出張が多いので全然会えない時期もあるんですけど、すごく励みになっています。

鍵山鍵山

ホント~?(笑) そう言ってもらえると嬉しいなぁ。

伊東伊東

小林は最近、ロサンゼルスに研修に行ったんだよな。代表と選ばれた社員しか行けない海外研修!

小林小林

そうなんです、頑張った甲斐がありました(笑)。『davines』のヘアショーを観に行ったんですが、海外ならではの自由な発想が演出のあちこちに表れていて、すごく刺激を受けましたね。このブランドの魅力をもっと日本に広めていきたい」と改めて思えた研修でした。自由時間もふつうの旅行みたいで楽しかったですよ(笑)。

おまけ仕事で一番やりがいを感じる瞬間は?

写真:座談会の様子

鍵山鍵山

私のトレーニングを通じてスタッフが腕を上げ、それがお客様の満足や売上につながったとき。

小林小林

初めて『davines』を導入した美容室から、「もっと早く取扱いを始めればよかった」と言っていただけたとき。

伊東伊東

大手企業の役職のある方と商談ができたときや、年々取引先が増えていることを実感したとき。

塩見塩見

毎日(笑)。前にいた会社では暇を持て余すことがあったけど、この会社では常にやることがあって充実!

応募する